テニス肘|動画で学ぶテニスの上達練習方法

テニス肘って何?一日1分で治す方法 って?

テニスを始めた人は、「テニス肘」という言葉をよく耳にするかと思います。

 

テニス肘とは具体的にどういった病気なのでしょう。

 

テニス肘とは、肘関節の親指側の骨が突きだしている部分に痛みが起こる病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)で、指で押すと肘の外側や内側が痛む症状は起こります。

 

また、重い物を持ち上げたり、荷物を持ったりしても痛みが走り、症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が悪化すると何もしていなくても肘がずきずきと痛むようになって、日常生活にも支障をきたすようになってしまうようです。

 

発症する原因としては、肘に負担が大きいようなスポーツを頻繁に行っている、生活習慣や家事などによる疲労の蓄積、更年期や老化が原因となる筋腱の衰えなどが挙げられます。

 

テニス肘と言った言葉から、テニスをしている人が掛かる病気みたいに連想されるみたいですが、このような原因からもわかるように、家事をしている専業主婦の方や農家などといった肘にある負担が掛かる人、また、ゴルフなんかの他のスポーツで発症する例も多くあります。

 

テニス肘は肘の使い過ぎではなくて、手や手首の使い過ぎにより発症しますが、原因不明で発症した場合には慢性化するケースが多いので、特に注意して下さい。

 

テニス肘は、慢性化すると長期の治療が必要となってしまいます。

 

もし、発症した場合には、くれぐれも無理をしないよう治療に専念する事をこころがけるようにしてください。

 

治療方法には、消炎鎮痛剤や湿布、塗り薬を使いますが、そ以外にリハビリを行う場合もあります。

 

こんな方法も・・・

本気で上達したくなですか?

動画,学ぶ,テニス,練習方法,上達