スライスサーブ動画で学ぶテニスの上達練習方法

テニスでスピンサーブの打ち方のコツ

こんどはスライスサーブを打つコツです。

 

余談かもしれないですが、サーブから試合が始まるテニス。
サーブは一番の基本技術になるのです。テニスでは特に、サービス権を持っている人が圧倒的に得点に有利かも知れませんから、自分がサービス権を持っているターンに確実に得点することが最も重要視されています。
プロの試合を見ていても、サービスエースは感動させらせれる場面の一つですね。

 

サーブは、相手のコートにボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)を入れるだけ。
しかも、自分で上げたトスを打つのですから、打ち返すよりは余程コントロールしやすいと思うんですが、実はサーブを苦手としている人はとても多いです。

 

なぜなら、ただ相手コートに入れるだけならいいだからって、試合に勝つ為には相手の打ちにくいボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使えね長持ちするでしょう)をいれる必要があるからですね。

 

つまり、スピードの速いボール。
コーナーギリギリを狙ったボール。
スピンを掛けたボール。
これらを意識し始めると、とたんにサーブは入らなくなる事が多々あるものです。

 

スライスサーブのコツ

スライスサーブはボールに横回転を与えるサーブです。

 

スライスサーブの人が初心者(始めのうちに正しい方法、知識を身に付けることが後々の成長に繋がるでしょう)でも比較的簡単にマスターできるので、是非覚えましょう。

 

スライスサーブも、回転量が多くなるほどスピード(拙速という言葉に代表されるように、速いだけではダメなんですよね)は落ちますが、それだけ、大きく曲がるようになります。

 

まずは少し足の角度を開き気味で練習すると、回転がかけやすくなりますよ。

 

スライスサーブのコツは、トスを少し前に上げることです。

 

そして、ボールの右側をラケットの面でこすることを、ラケットをやや斜めに構えて打ちます。

 

回転の度合いによって、ボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)は大きく左に曲がりますから、やや右側を狙うようにするといいですね

 

本気で上達したくなですか?

動画,学ぶ,テニス,練習方法,上達