バックハンドストローク|動画で学ぶテニスの上達練習方法

テニスでバックハンドストロークを打つコツ

僕がテニスをはじめたときに、一番最初に教えられたのが素振りです。
その後、実際にボールを打って始めると、素振りのフォームが気になってボールに当てられないなんて経験をした人も多いかみたいですよ。
特に、バックハンドストロークが苦手な初心者(始めのうちに正しい方法、知識を身に付けることが後々の成長に繋がるでしょう)は多いものです。

 

バックハンドストロークを打つコツ

バックハンドでは、自分の肩越しにボールを見なければならありませんから、ボールとの間隔が捉えにくいというところが1つありますが、これは練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)で感覚を覚えるしかありません。

 

バックハンドには片手打ちと両手打ちがあります。

 

教えてくれるコーチにより、どちらかに決められてしまうこともあるんですけれど、本来は自分が打ちやすい方法を利用するのがいいでしょうね。

 

両手打ちの方が力が入りやすいので、女性の場合には両手打ちをすすめるコーチも多いようです。

 

バックハンドが苦手な人は、体の軸がぶれやすいことが多く、それは主に下半身の筋力不足やボールに追いついて構えるのが遅れるスピード不足が原因でしょう。

 

これらは基礎体力や筋力(あまりないのであれね、下半身、つまり、足から鍛えていくといいそうですよ)をつけることで克服することができます。

 

本気で上達したくなですか?

動画,学ぶ,テニス,練習方法,上達