FXスキャルマスターから生トレード対決他

FXスキャルマスターから生トレード対決他

本日のおすすめ『生トレード対決』等

 

注目の情報『FXスキャルマスター』(中村 恭悠)

FXスキャルマスター

1億5000万円達成したFXスキャルピング手法を公開
【 FXスキャルマスターの根本的なトレードの考え方】
一番重要な部分を皆様に教えてしまいます。
上昇トレンドという方向性は合っている、タイミングもほとんど合っていた、買ったのに下がってきたから損切りした、そしたら意地悪のように爆上昇・・・。。
これを続けて稼げないトレーダーは多くいらっしゃると思います。
スキャルマスターの根本的な考え方は、トレンドの確認はインジケーターの色が『赤なら売り』エントリーは3種類の瞬間的に判断できるツールを使います。
【FXスキャルマスターは損切りが小さく利食いが大きい】
ルールに従うだけで、投資の本質を理解いただけると思います。
トレンドフォロー手法の多くは、あるポイントのブレイクでエントリーするものが多いです。
しかし、損切り予定ポイントまでが長く、利食い予定ポイントまでが狭くりなりますね。
スキャルマスターならば、損小利大がルールに組まれています。

 

FXスキャルマスターの公式サイトへ

 

今日の投資関連コラム

先物取引を行うと、取引本証拠金以外にも商品取引所から預託を請求されるケースがあります。それが、取引定時増証拠金と取引臨時贈証拠金です。まず、取引定時増証拠金ですが、これは「定増」とも呼ばれていて、最も期限の短い限月(当限)で取引する際に請求される証拠金の事です。当限は、決済を円滑に進める為に、定められた日より値幅制限が解除されますが、その後は出来高が薄い事もあり、値動きが激しく市場の動きが大きくなる事が予測出来ます。その為に、取引に参加している人の担保を増強しておく事が必要になるのです。定増の金額は各々の銘柄や取引所によっても違いがありますので一概には言えませんが、取引証拠金の半分から同額程度が請求されるケースが多いのではないでしょうか。次に、取引臨時贈証拠金ですが、これは「臨増」とも呼ばれていて、市場の動きが激しい時、もしくは、大きく値段が動くと予測された際に証拠金だけでは担保力が足りないと取引所が判断した場合に請求される証拠金の事です。ストップ高やストップ安を2日連続で付けた場合などに、市場の過熱感を冷やし、相場を落ち着かせる為に臨増が掛けられます。臨増の金額もまた、定増と同じように各々の銘柄によって違いがあり、商品取引所により指定されます。以上の様に、先物取引を行う上で証拠金以外にも預託を請求される場合があると言う事を理解しておく必要があるでしょう。

 

おすすめはやはり『FXスキャルマスター』

FXスキャルマスター

スキャルマスターの手法はコツコツと利食いしていき、手堅く資産を増やしていきます。
どれだけ優れたパフォーマンスのシステムでも、1年間あれば1ヶ月はマイナスの月が発生していると思います。
僕の場合、スキャルマスターが完成した後は、毎月の収支がマイナスになったことがありません。

FXスキャルマスターの公式サイトへ