『みんなでFX』 -Rising Sun-から【デイトレ動画解説】チャネル下限からの攻め方と、波動のイメージ他

『みんなでFX』 -Rising Sun-から【デイトレ動画解説】チャネル下限からの攻め方と、波動のイメージ他

本日のおすすめ『【デイトレ動画解説】チャネル下限からの攻め方と、波動のイメージ』等

 

注目の情報『『みんなでFX』 -Rising Sun-』(株式会社Trader'sMarket)

『みんなでFX』 -Rising Sun-

トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース。プロが注目している“ライン”や“ゾーン”を自動抽出
機関投資家は毎日、過去のビッグデータや複雑な数式を使って大量にオーダーが入るポイントを抽出しています。
こうしたビッグデータや数式を持たない個人投資家には、機関投資家が把握しているポイントを把握できなくて当然のことなのです。
でも、少し考えてみてください。
もし、機関投資家が把握している「大量にオーダーが入るポイント」を知ることができれば、FXで非常に勝ちやすくなると思いませんか。
どのタイミングで大量にオーダーが入るか分かっているわけですから、次にどんな値動きをするのか、予想しやすくなります。
言わば”カンニングペーパー”を持ってテストに望んでいるようなものです。
つまり、機関投資家が把握している「大量にオーダーが入るポイント」というカンニングペーパーを見ながらトレードをする手法、誰でも「大量にオーダーが入るポイント」がわかるように複雑な計算をすべて自動で行って、あなたに示してくれる機関投資家専用のインディケーターを私が開発しました。

 

『みんなでFX』 -Rising Sun-の公式サイトへ

 

今日の投資関連コラム

FXの魅力の一つに、レバレッジがあります。このレバレッジというのは、直訳すると「てこ」のことで、FX業者に取引保証金(証拠金)を預けると、その金額以上の取引ができることを指します。どのくらいレバレッジをかけられるかはFX業者にもよりますが、規制前にくらべると、その倍率は低くなっています。ただ、倍率が低くなったとはいっても、25倍のレバレッジをかければ、10万円の資金で250万円分の取引ができてしまうわけです。得られる利益が大きくなる分、損失も大きくなってしまいますから、くれぐれも注意が必要でしょう。FX初心者のうちは、あまり大きなレバレッジをかけない方が無難です。預けた取引保証金がなくなるだけならいいですが、場合によっては、それ以上の損失が出てしまうことも少なくありません。レバレッジをかける時には、必ず損失を計算して、自分の投資予算の範囲内に収まるようにしておきましょう。リスク管理さえきちんとすれば、レバレッジを上手く利用することで、短期間で効率よく資産運用することができます。レバレッジの倍率を上げればその分だけ、差益はもちろん、スワップポイントの倍率も上がります。高いリスクを負うことで、ハイリターンを得られる可能性があるのです。一般的には、短期の取引ではレバレッジ倍率を高くして、相場が変動する可能性が高い長期の取引では低めにします。FX上級者の中には、レバレッジ倍率の上限でFX業者を選ぶ方も少なくありません。日本のFX業者のレバレッジ倍率の上限は25倍なので、それ以上のレバレッジをかけられる海外のFX業者を利用する方もいるようです。

 

おすすめはやはり『『みんなでFX』 -Rising Sun-』

『みんなでFX』 -Rising Sun-

大変残念なことなのですが、FX商材のほとんどが、あくまで”個人投資家レベルの情報”でしかありません 。
先ほども申し上げましたが、負けられないプロのトレードにおいては、どれだけリスクをヘッジできているかが重要です 。
しかし、多くのFX商材でその重要なリスクヘッジの部分には全く触れず、「いかに自分たちのノウハウが優れているか」 。
ということにのみ焦点を当ててセールス活動を行っていますいかに勝率が高い手法だと謳っていても、リスクヘッジできておらず、利益が残らない手法だとしたら、全く意味がないのです。

『みんなでFX』 -Rising Sun-の公式サイトへ