Mr.リスクヘッジの 「侍マトリックスFX」から『ダウ理論鉄板エントリー、3つの売りが重なる所を見極めブレイクで売る』他

Mr.リスクヘッジの 「侍マトリックスFX」から『ダウ理論鉄板エントリー、3つの売りが重なる所を見極めブレイクで売る』他

本日のおすすめ『『ダウ理論鉄板エントリー、3つの売りが重なる所を見極めブレイクで売る』』等

 

注目の情報『Mr.リスクヘッジの 「侍マトリックスFX」』(SUPER WISE CONSULTANCY INC)

Mr.リスクヘッジの 「侍マトリックスFX」

攻めと守りが徹底されているからこその安定感
『自動売買なのでコンピューターに任せるのがこわい』。
『パソコンに張り付いていないと怖い』。
など人によってはいろんな理由があると思います。
とにかく不安だというのが今までの自動売買ですね。
この『侍マトリックス』は、そんな漠然とした不安をすべて吹き飛ばしてしまうようなロジックを持っています。
なぜなら、根本的な目的として、たんたんと勝ち続けて資産を増やし続ける事を前提に、一切のギャンブル要素をはぶいて設計されているからです。
『イチかバチか』という投資ではありません。
勝ち続け、増やし続ける為のロジックです。
もちろんそのためにあえて、派手な勝ち方も しませんが、とにかくたんたんと勝ち続けます。
また、損失を増やし続けたり、塩漬けにならない為に、負ける要素となる含み損も、相殺していくロジックが搭載されています。

 

Mr.リスクヘッジの 「侍マトリックスFX」の公式サイトへ

 

今日の投資関連コラム

個人で投資をはじめる人に人気のFXですが、最近は徐々に金投資の人気も高まってきています。金投資にもいろいろな投資方法がありますが、高額な資金が必要な金地金・積立で金を購入する純金積立・上場投資信託の金ETFと共に注目を浴びているのが、金の投資信託です。金の投資信託と金価格連動型上場投資信託(金ETF)を混同される方もいますが、これは別物ですから気を付けなければなりません。投資信託といえば、一般的には株や債券を取り扱っていますが、最近では金(ゴールド)を扱う投資信託が増えてきました。投資信託とは、投資家が証券会社にお金を預け、その資金を使って運用会社が運用を行い、その利益や損失が投資家に反映されるというものです。運用はプロの運用会社が行うので、大きな損失となるリスクが少ないという安心感があります。自分で運用をするのに不安がある初心者には、向いている投資方法といえるでしょう。金ETFと金の投資信託の違いは、まさにこの部分です。金の投資信託では運用会社が運用を行うので、投資家は証券会社に資金を預けるだけですが、金ETFの場合には証券会社を通して自分自身で売買を行わなければなりません。ですから、常に価格変動をチェックしながら、自分で売りどき・買いどきを見極めて運用しなければなりませんから、どちらかと言えば初心者には少し難易度が高いと言えるでしょう。これらの違いを理解した上で、投資方法を選びたいものですね。

 

おすすめはやはり『Mr.リスクヘッジの 「侍マトリックスFX」』

Mr.リスクヘッジの 「侍マトリックスFX」

『攻』『守』ともに、これまで私が見てきた自動売買の中ではもっとも秀逸なロジックを備えたEAだと思います。
100%の勝ちを保証できるような自動売買などはありえませんが、そこに近づけようとしてもっとも近づく事ができたEAかもしれません。
また、裁量トレードのように感情に左右されずに淡々と勝率の高いトレードを続けられるという事も、自動売買の強みです。

Mr.リスクヘッジの 「侍マトリックスFX」の公式サイトへ